ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

帰ってきたEZQ

チーズケーキのお店テントンの店主です。

お待たせしました。
4月26日~5月12日に大和郡山の豆パン屋アポロさんで行なわれた『第8回空想エアメール展 EZQ』に来られなかった方へ。
テントンの出展作解禁です。
(以下は、展示の際の説明文より)

■嫁の作品

c0242080_16285425.jpg


c0242080_1629798.jpg


EZRS(エゾシカルームシューズ)とおまけのEZCP(エゾシカがま口)

前回参加させていただいたEZB(エゾシカバック)。
今回はお題がないということで、「紙で作れるモノ」「リサイクルという意味では・・・?」「どうせなら使えるモノで・・・」と考えた末、やっぱり私は縫うことが好きなので、ルームシューズを作ってみることにしました。
まず試しに作ってみた片方のルーズシューズは、ひっくり返すのが大変だったり、できてみると小さかったり。
次に型紙を拡大して作ったルームシューズは大きすぎたので、メンズにします。
わが家のおチビが欲しそうにしていたので、余った紙でキッズサイズを。
3足目でようやくコツを掴んだ感じでした。

おまけ 家にあった口金で小さながま口。アメちゃん入れにでも。

製作に使用した材料 、エゾシカ袋、接着綿(¥700)、家にあった材料

■僕の作品

c0242080_1629329.jpg


c0242080_16291488.jpg


EZC(エゾシカチェア)とおまけのEZP(エゾシカプラレール)

前回参加させていただいたEZB(エゾシカバック)の時に編み込みのカバンを作ったので、今回もお話をいただいた時に漠然と編み込みを使った何かを作りたいと考えました。
去年ぐらいからBBQ熱があがり、アウトドアチェアやらアウトドアテーブルなどをコツコツと揃えているのですが、アウトドアメーカーの商品は無骨なデザインや色のモノが多いので、丈夫なエゾシカ袋で少しやんわりとした感じのアウトドア用のパイプチェアを作ったら面白いのではないかと考え、早速製作にとりかかりました。
最初は「リサイクル」の観点から、古いパイプチェアのシート材(ポリエステルを取り払って、エゾシカ袋に張り替えたらと思ったのですが、強度的に問題があったので、シート材の上から、編み込みにしたエゾシカ袋を張ることにしました。
結果、できあがったエゾシカチェアは、何ともファニーな仕上がりの折りたたみパイプチェアに変身しました。
勿論、座って使用することも可能です。(70kgまで、ちなみに製作者の僕はアウトです。)
使用していくうちにシート部分の袋がボロボロになれば、張替えもOK。

おまけ 会期途中に追加した子供が遊べるように作った(というか張り合わせただけ)プラレールのおもちゃ。

製作に使用した材料 エゾシカ袋、安価のパイプチェア(¥700)

他の出展者さんの作品はアポロさんのブログで紹介されています。
2012年 空想エアメール展 EZQ 第1部
2012年 空想エアメール展 EZQ 第2部

少しは会場の雰囲気が伝わりましたか?





[PR]
by ten_ton | 2012-06-06 16:42 | 好きな場所
<< 手抜きですが、更新です。 優しさに包まれたなら >>