ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

奈良ホテルへ

チーズケーキのお店テントンの店主です。
c0242080_1595468.jpg

昨日、奈良ホテルに「TEIBANジャパンクラシコ奈良展」というイベントを見に行きました。
このイベントは奈良県がおこなっている奈良ブランド開発支援事業の発表の場で、作り手さんと使い手さんが交流する場所でもあります。
この取り組みの素晴らしいところは、モノを認定する地域ブランドづくりとは異なり、生活者(消費者)から信頼や共感を得て、ファンを作っていこうとする企業や個人の取り組み自体を評価する事業ということです。
いわゆる話題作りのヒット商品ではなくて、作り手の思いが伝わり、使い手が愛着を感じるロングセラーを目指すモノづくりに重きを置いているということです。
テントンのホームページにある「テントンについて」にも書いてありますが、このテーマはテントンのチーズケーキが目指すべきカタチと共通する部分でもあります。

誇るべきメイドイン奈良がたくさんあり、とても興味深いイベントでした。僕も愛用している Ponte de pie!(ポンテ・デ・ピエ) さんの靴下。
c0242080_15163027.jpg

昨年の「くるみの木 秋篠の森 7周年記念イベント」でご一緒させていただいた家具作家の 藤本順正 さんも出店されていました。とてもきれいな仕上がりの椅子です。
c0242080_15214615.jpg

かきいろ さんの柿から生まれたお菓子。干し柿の「ひより」は一度食べるとやみつきに。
c0242080_1535944.jpg

吉野葛で作られた 辻村芳栄堂 さんの葛菓子。やさしい味わいにホッコリします。
c0242080_15384012.jpg

坪岡林業〜聖山〜 さんの折敷。無駄なデザインを削いだ吉野杉の香りのする美しい皿。
c0242080_1548233.jpg

垣本鉄工所 さんの鉄の欠片という名前の箸置き。素材としての木は好きですが、それに負けず劣らず鉄の無機質な感じも好きです。
c0242080_1554494.jpg

他にも、一度飲むとその美味しさにビックリする 井ノ倉茶園 さんの煎茶や 白い犬 ~Anjing Putih~ さんの格子状のきれいな杉の椅子や 森との関係 さんの木の香りのアロマや 薬王ウォームズ研究所 さんの薬湯・におい袋など。
奈良のモノづくりに刺激を受けた1日でした。
10月には東京の百貨店松屋銀座さんでもおこなわれるようですので、関東圏の皆さまは乞うご期待。

言い忘れましたが、初めて足を踏み入れた奈良ホテルも本当に素敵な空間で、宿泊してみたくなりました。



[PR]
by ten_ton | 2012-08-21 18:10 | 好きな場所 | Comments(0)
<< テントンとてんとん 嵐のあとは・・・ >>