ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

そして、神戸

チーズケーキのお店テントンの店主です。

先週の土曜日のイベントから、既に5日も経ってしまいました。いつも、イベント当日の夜か、翌日にはブログにその様子を綴ろうと思うのですが、イベントで完全燃焼している為か、なかなかパソコンの前に座れません。又、スマホで容易にネットが見れたり、フェイスブックやツイッターの確認もできるというのも、ブログに向き合えない原因のひとつでしょうか?スマホからでもブログの更新はできるよ!との声も聞こえてきそうですが、元々、筆無精にして、書くのが遅い僕にとっては、スマホのフリック入力で文章を綴るなんてことは、サンダルでランニングさせられているような辛さなのです!この例え、解りづらいですね?前置きが長くなってしまいましたが、先週土曜日のイベントのお話、始まり、始まり。

初の神戸での出張販売は、これまた初のショッピングモールでの販売、しかも、数日前から天気予報は雨が降るような降らないような、でもって地元を中心にイベント販売しているテントンにとっては、知名度の知の字もないほど、知られていない土地での販売です。販売にお誘いいただいたのは、サザンモール六甲B612というシャレた名前のショッピングモールです。このおしりに付いたB612といのは、みんなも大好きな(たぶん)フランスの作家サン=テグジュペリの名作「星の王子様」で王子のふるさとの星であるとされる小惑星B612にちなんで付けられた名前らしいです。さすが神戸、名称の由来までハイセンスですね。そんなサザンモールさんのマルシェイベントには、自家製のベーコン・ウィンナーを売るお店や、自家製タバスコ・パスタソースを売るお店など、関西各地から色んなお店が集まっていました。テントンの両隣も芦屋や西宮のお菓子屋さんで、奈良の田舎から出店している僕はというと、芦屋にあるお店と聞いただけで、高級住宅地に住むマダム達が顧客さんとしてやって来るようなお店という勝手極まりない印象を持って、そんな神戸のお菓子屋さんに挟まれて「テントン、神戸で大丈夫ですか?」と始まる前から、自問自答していました。そんなことを考えているうちに、イベント開始の時間に・・・
c0242080_2328533.jpg

c0242080_23281674.jpg

c0242080_23283534.jpg

最初の方は、天気も曇り空でどんよりしていて、お客さまもチラホラという感じでしたが、お昼も過ぎて少し経ったぐらいから、お客さまも徐々に増えていき、終了する16時半には、ひとつのチーズケーキも残らず無事完売することができました。神戸の皆さま、本当にありがとうございました。他の出店者さん、サザンモールのスタッフさん、お疲れ様でした。
c0242080_23283267.jpg

折角、神戸まで来たので、帰りは元町で晩ご飯を食べて帰ることにしました。まずは中華街で息子が大好きなジャンボ餃子を食べて、次に友人がお薦めしてくれたパーラー ホープ洋装店へ。注文した手作りミンチカツやスジのオムレツは、超コストパフォーマンスが高く美味しかったです。
c0242080_23283741.jpg

c0242080_23293724.jpg

高速に乗る前に、偶然寄港していた船を見つけ、少し車を停めて、見物に行きました、翌日、新聞記事で見たら、「太平洋の白鳥」と称される練習帆船「日本丸」という船舶でした。美しい夜の海で、美しい船が見れて、少し得した気分で奈良に帰途に着きました。
c0242080_23291867.jpg

港町神戸よ!さようなら!




[PR]
by ten_ton | 2013-06-05 22:58 | テントンのお話 | Comments(2)
Commented by 神戸のu at 2013-06-22 01:47 x
ポジャギ繋がりから六甲でお会いすることができ嬉しかったです!予約させて頂いた5種類のケーキはどれもとても美味しく義父へのプレゼントのはずが一緒になって食べ尽くしてしまいました(;^_^A
また機会がありましたら是非よろしくお願いしますm(_ _)m
神戸で日本丸に出会えたんですね。帆船好きな主人と昔はよく見にいきましたよ〜。綺麗な船ですよね。また是非神戸にもいらしてください。
Commented by ten_ton at 2013-06-22 22:47
神戸のu様、本当に人と人の繋がりって大事ですよね。まさか、奈良のポジャギから神戸に繋がるとは思っていなかったです。ケーキも美味しくお召し上がりいただけたようで、よかったです。神戸は、ほんと素敵な街ですよね。やはり海がない奈良に住んでいると海が近くにある生活にちょっと憧れます。日本丸も本当に綺麗な船でした。又、神戸で販売がある時は宜しくお願い致します。
<< 森の中のマーケット ポジャギに囲まれて >>