ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

カテゴリ:好きなもの( 2 )

しょうゆのお話

チーズケーキのお店テントンの店主です。

今日はテントンと同じ桜井市にある大門醤油さんの醸造蔵を見学させていただきました。
c0242080_22152448.jpg

蔵の中に一歩足を踏み入れるとお醤油のいい香りが漂っていました。創業百年という歴史ある蔵には、無数の酵母が棲みついており、その蔵つき酵母によって醸される醤油は独自の味わいを生み出すそうです。木桶の中で長い間熟成されている醤油に、天窓から一筋の光が差し込んでいる様子は、とても神聖な感じがしました。
c0242080_22222969.jpg

蔵前にある直売所で購入した無農薬大豆・小麦を木桶で2年間じっくりと熟成させた桶仕込本醸造しょうゆや山椒が入った山椒しょうゆなど。この醤油たちでつくる料理が楽しみです。
c0242080_22223125.jpg

同じ発酵ものなので、しょうゆチーズケーキとかも面白いかも知れませんね。一度、試作してみよう。









[PR]
by ten_ton | 2013-01-10 22:29 | 好きなもの

永遠の永遠の永遠

チーズケーキのお店テントンの店主です。

先週末は大阪へ。梅田駅周辺は建築ラッシュ。

c0242080_17215142.jpg


そんな都会のど真ん中で出会ったのはまさかの超人ペンタゴン。
思わずブラックホールを探してしまった。

c0242080_17215584.jpg


わからない人は最近24年ぶりに復活した「キン肉マン」を読んでください。

c0242080_1722040.jpg


お昼に大阪の九龍城的ビルの大阪駅前第3ビルにある「ぶどう亭」でデミグラスソースが絶品のランチを堪能して、本日の目的地 国立国際美術館で開催中の「草間彌生 永遠の永遠の永遠」展へ。

c0242080_033450.jpg


展覧会場内はまさに草間ワールド全快で水玉の立体物があちらこちらに。

c0242080_0212342.jpg


c0242080_0244623.jpg


平面の新作は、まるで増殖する古代小生物のような人の目がモチーフになった作品やたくさんの横顔が描かれた作品など、今までの水玉のイメージとは一線を画す草間彌生の別の一面がみれる作品群が展示されていました。それにしても会場内は会期終了間近ということもあり、人、人、人ですごい熱気。作品を鑑賞するにもTDLかUSJのアトラクション待ちの列のような状態で、並ばされている自分たちが地球上で生かされている一生命体となり、草間彌生の作品の一部に取り込まれたような錯覚に捕われる。奇才草間彌生は、その状況すら想定していたのかも知れませんね。考え過ぎかな。

c0242080_01113.jpg


帰りは、息子(3才)が大好きな間寛平ちゃんがテレビでお薦めしていた「谷九ふる里」でうどんを食べて帰る。ここは正に吉本新喜劇の舞台セットのようなお店で、讃岐うどんがメジャー化した今となっては貴重なTHE大阪うどんを出すお店です。

c0242080_011483.jpg


帰りの車中で「人の多さに疲れたなぁ。」と妻に話していると、息子(3才)は「水玉面白かったな。」と呑気に答えてました。

c0242080_0105085.jpg





[PR]
by ten_ton | 2012-04-10 01:29 | 好きなもの