ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夢は大きく

チーズケーキのお店テントンの店主です。

先日、近くにある竹取公園(テントンが初めて、移動販売を行なった場所)に息子(3才)を連れて、遊びに出かけました。
この公園はかなり広い公園で、公園内には大きな広場、長いローラー滑り台などの遊具、目玉にソリを使って斜面を滑るちびっこゲレンデがあります。
以前連れてきたときはまだ小さかったこともあってか、怖がって1人でソリに乗ることもできませんでしたが、今回はちびっこゲレンデがたいそう気に入ったようで、「今度は高い方から1人で滑るわ」とか「もう一回滑ってくるわ」など言いながら、何度となく1人で滑っていました。
そんなたくましい息子の姿を見ると、少しずつ成長してるんだなぁと感慨深い思いに駆られました。

c0242080_12393880.jpg


その日の夜のこと。
成長したとはいえ、まだまだ子供の考え。
息子が妻に「ママ、家のお庭にみんなで滑れるゲレンデ作ろうよ〜」と目を輝かせながら提案していました。
無論、そんな大きな庭などないので、仮にあったとしてもゲレンデ作るのは無理やろと思いながらも、「しっかり稼いで自分の好きなお庭が作れるように頑張り」と思う今日この頃でした。



[PR]
by ten_ton | 2012-05-29 23:46 | こども | Comments(0)

東大阪の人に朗報です!!

チーズケーキのお店テントンの店主です。

先日19日、大学時代の友人が近鉄河内小阪駅前にスペシャルティコーヒーを扱う珈琲豆専門店をオープンしました。
僕もオープンから遅れること数日、やっとお邪魔することができました。
店名は「富山珈琲」といいます。

c0242080_14104180.jpg


「とやまコーヒー」ではなく「とみやまコーヒー」と読みます。

c0242080_1411263.jpg


まず店内に入って目に飛び込んでくるのは、店の半分ぐらいのスペースを占める大きな焙煎機。
この大きな焙煎機は最新型の熱風式焙煎機で、酸化しにくい新鮮なコーヒー豆が焙煎できる優れモノのようです。

c0242080_15122246.jpg


c0242080_1324122.jpg


珈琲好きの僕と妻は、エスプレッソ(カプチーノ)、アイスコーヒー、ペーパードリップのホットコーヒーと立て続けに飲ませてもらい、本当に嬉しい夢のようなコーヒー三昧のひとときでした。
いろんな種類の豆でいれていただいたのですが、共通したコーヒーの感想は豆のフルーティな味わいと舌に残らないスッキリとした苦みが本当に美味しかったです。
このスッキリとした苦みが熱風式焙煎機の特徴なのかな?

c0242080_1442723.jpg


c0242080_144023.jpg


このお店を切り盛りしている大学時代の友人Iくんは、以前プロ契約のスノーボード選手していた筋肉質のスポーツマンで、人当たりの良い好青年です。
学生の頃のあだ名は「ラーマン」
何故、あだ名が「ラーマン」なのかはお店で直接聞いてみて下さいね。

c0242080_1592537.jpg


是非、お近くの方や東大阪界隈に行かれる方は、美味しい珈琲豆を「富山珈琲」でお買い求めください。

珈琲豆専門店 富山珈琲 (トミヤマコーヒー)
〒577-0801 東大阪市小阪1-11-3 (近鉄河内小阪駅前)
TEL/FAX    06-6782-8601

c0242080_1591070.jpg


今日のブログは、何か宣伝っぽくなっちゃいましたね。
あっ、忘れてました。
コーヒーに合うテントンのチーズケーキも宜しく。(笑)

c0242080_184634.jpg










[PR]
by ten_ton | 2012-05-25 15:19 | 好きな場所 | Comments(0)

東京スカイツリー?

チーズケーキのお店テントンの店主です。

いよいよ東京スカイツリーが本日オープンですね。
そんな東京スカイツリーの話題をテレビで放送中のこと。
僕が妻に「いつか東京スカイツリーに登れるかな?」と何気なく尋ねたところ、興味無さげに「長生きすれば、いつか登れるんとちがうの」と気のない適当な返事。
何かその気のない返答ぶりが気に入らなかった僕は、東京タワーにのぼったことのない妻に「まぁ、おれは東京タワーなら登ったことあるけどね」としたり顔で言ってやりました。

そうすると妻は「私は、エッフェル塔にしか登ったことないけど」とサラッと言ってきました。

う〜ん、何か腹立つ!!
いつかドバイタワーに登ってやる〜!!

c0242080_21405043.jpg


これは、関西が誇る京都タワー









[PR]
by ten_ton | 2012-05-22 23:22 | つぶやき | Comments(4)

金環日食

チーズケーキのお店テントンの店主です。

今日は家族で早起きをして、金環日食を観ました。
金環日食の瞬間は体感温度が下がり、夕方とも早朝とも違う不思議な色の景色に包まれ、綺麗なリングが徐々にできあがってくる様子は、今までに体験したことのない貴重な時間でした。

c0242080_15292867.jpg


改めて太陽の力を知り、地球の住人として太陽のめぐみの有り難さを感じました。

c0242080_15294289.jpg


金環日食の写真は専用フィルターがなかったので、残念ながら撮れませんでした。




[PR]
by ten_ton | 2012-05-21 23:59 | つぶやき | Comments(0)

漢字は感じで

チーズケーキのお店テントンの店主です。

今年の2月に「口笛でも吹きながら、日常のあれこれを綴っていきます。」と声高々に宣言して始まった口笛ブログですが、更新が滞っています。
基本的には工房内で作業しているので、ドラマのような劇的な出来事がそうそう訪れるわけもなく、休憩中に飲んだお茶の茶柱が立ったぐらいで密かな幸せを感じる毎日。

という訳で、穏やかに過ぎっていった今日の話はそっと横に置いておいて、僕の「漢字」にまつわるの話を書きたいと思います。
皆さんは漢字の読み方を間違ったまま覚えてませんか?
僕はよく嫁に漢字の読み間違いを指摘されます。

「用いる」を「よういる」、

「巣窟」を「すくつ」、

「出汁」を「でじる」、

「病棟」を「びょうれん」、

「増床」を「ぞうとこ」、

「給湯」を「きゅうゆ」などなど

お恥ずかしいですが、あげていったらポケットを叩いたらいつまでも出てくるビスケットのごとく次から次に出てきます。
言い訳ですが、この読み違いは思い込みのようなもので、指摘されるとすぐに正しい読み方も判ります。
テレビのアナウンサーですら、「帰省(きせい)」のことを「きしょう」と読んでいるのを何度か観たことがあります。

c0242080_14494517.jpg


このブログを読んで、ドキッとした人もいるのでは・・・







[PR]
by ten_ton | 2012-05-17 17:46 | つぶやき | Comments(2)

大きいですが、それが何か?

チーズケーキのお店テントンの店主です。

この間とある人から、僕と妻では妻の方が背が高い?と聞かれました。
身長でいうと、僕が175センチ、妻が170センチなので、実際には僕の方が5センチも高いのですが、印象的には妻の方が高く見えたようです。
その話を家でしていると、なぜそう見えるのか検証してみようということになり、背比べをしました。
やはり身長は僕の方が高かったのですが、肩の高さが僕も妻もほぼ同じ高さにあることに気付きました。
そこで妻が一言「顔の大きい分だけ、身長が高いのと違う。」と衝撃的な言葉を発しました。
確かに僕の顔はお世辞にも子顔とはいえませんが、しかし、その一言は酷いと思いませんか?
ぼくは、ただ撫肩なのです。

c0242080_15502759.jpg


[PR]
by ten_ton | 2012-05-11 16:59 | つぶやき | Comments(6)

ゴールデンウィークにゴールデンな建もの探訪

チーズケーキのお店テントンの店主です。

GWも今日で終わりですね。
皆さんは、どこかに遊びに行かれたでしょうか?
僕はGW期間中はほぼ仕事だったのですが、1日だけ、学生だった頃の友人家族たちと大阪の舞州(まいしま)までバーベキューに行ってきました。
年に1回ないし2回、学生だった頃の友人家族たちとキャンプや忘年会などで集まるのですが、最初は男ばっかりの集まりだったのが、年を重ねるごとに、みんなが嫁をもらい、子供を授かり、今では20人を超える大所帯です。
正直、僕自身を含めて、みんな学生の頃と基本的には何も変わっていないのですが、自分の子供と友人の子供が一緒に遊んでいる姿を見ると、みんな歳を重ねてきたのだなぁと実感するのでした。

c0242080_1462581.jpg


舞州は晴天に恵まれ、海風の気持ちいいバーベキュー日和でした。
お昼にバーベキューを楽しんだ後は、昔話に花を咲かせたり、お酒やノンアルコールドリンクを嗜んだり、子供たちとボール遊びをしたり、みんな思い思いに過ごしました。

c0242080_1462516.jpg


僕は途中、息子と一緒にバーベキュー場から少し歩いたところにある派手な外観で目を引くゴミの焼却施設(オーストリア・ウィーンの芸術家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏デザイン)を散歩がてら、見に行くことしました。

c0242080_1462340.jpg


焼却施設は大阪市の税金の無駄使いなどとも言われていますが、どこの国に来たのかというような無国籍で派手な色彩の建ものは、一見の価値ありです。

c0242080_17104449.jpg


祝日の為か施設自体は閉門されていました。
門には施設見学の案内表示が貼ってあり、普段なら予約しておけば、平日に施設内を見学できる説明が書いてありました。
ダメ元で門に書いてあった施設の電話番号に携帯から電話してみると、ご好意で一部だけ特別に見せていただけることになりました。
見せていただいたのは、焼却ゴミをUFOキャッチャーのようなアームでつり上げて、焼却穴に落とす作業工程で、一回のアームで約7トンのゴミをつり上げていました。
息子はアームの迫力にかなり興奮していましたが、僕も息子と同じく自分たちの出したゴミがどのように焼却されているのか見るのはとても勉強になり、楽しかったです。
他にも工場見学に行ってみたくなりました。

c0242080_1454763.jpg


作業を疑似体験できるアトラクションに夢中の息子

c0242080_146183.jpg


GW期間中1日だけでしたが、青空の下、昔からの友人たちとおいしいモノを食べ、おまけに工場見学させていただき、楽しい1日が過ごせました。

残り数時間ですが、皆さまもよいGWをお過ごしください。




[PR]
by ten_ton | 2012-05-06 15:15 | 好きな場所 | Comments(0)

悪の華

チーズケーキのお店テントンの店主です。

5月になりました。
ようやく、人生初の厄介な花粉症もおさまって、もうすぐやってくる夏が待ち遠しくなってまいりました。特に南国でのバカンスが待っている訳ではありませんが・・・。

4月28日のアポロさんでの出張販売には、本当にたくさんの方に来ていただきました。
お客様の中には小さな赤ちゃんをお連れになった方も多く、純真無垢な赤ちゃんを見ていると僕の心の邪心が洗われていくようでした。

その出張販売時、『空想エアメール展』展示用に、息子(3才)の私物のプラレール(電池で動く電車のおもちゃ)を使用した作品を新たに作って持って行きました。

c0242080_1221098.jpg


『空想エアメール展』に連れられて来た小さな子供たちは、そのプラレール作品を走らせたり、車両の連結を外したりして、楽しく遊んでいたようです。
そんな感じで自由気ままに遊ぶ子供たちを見て僕の息子は、自分のプラレールで遊ばれているのが面白くなかったのか、嫁に「ママ、プラレールがめちゃめちゃに壊れるんとちゃうか?」とか「無くなったらあかんから、今日持って帰るわ。」とか、真剣な眼差しで訴えていたようです。
その後、遊ぶ子供が居なくなった隙に、何やらプラレールをコソコソ触っていたらしいのですが、嫁が息子に「何をコソコソしてたん?」と尋ねると、息子は「電池を反対に入れといた。」としたり顔で答えたそうです。
純真無垢だった息子に小さな悪意が芽生えたようです。

c0242080_1223067.jpg


そんな息子が僕の為にと、作ってくれたハンバーグ弁当(折り紙)
何故か、餃子や春巻きなども入っています。

c0242080_1222849.jpg





[PR]
by ten_ton | 2012-05-02 06:25 | こども | Comments(0)