ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

DAY 2

チーズケーキのお店テントンの店主です。

前日のリニア・鉄道館の興奮もさめやらぬまま休日2日目に突入。
この日は、京都にある妻の実家から阪急電車に乗って京都嵐山へ。
しかし本日の目的は初夏の嵐山観光ではありません。

c0242080_13491461.jpg


c0242080_1347274.jpg


阪急の嵐山駅からブラブラと歩き、渡月橋を渡って京福電鉄の嵐山本線 嵐山駅まで。

c0242080_0512862.jpg


本日の目的は、前日のリニア・鉄道館に続き、鉄道好きの息子(3才)の夢を叶えるべく、嵐電に乗って路面電車を堪能すること。
僕も京都出身の嫁も嵐電には乗ったことがなかったので、息子と一緒に初の路面電車を楽しみました。

c0242080_059355.jpg


京都の古い民家の間を駆け抜け、時に車と並走する嵐電は、普段使っている電車とは異なり新鮮でした。
変わり種のこんな電車も走ってました。
その名も「嵐電パトトレイン

c0242080_0594460.jpg


休日2日目も鉄道好きの息子と一緒にどっぷりと鉄道に浸かった一日でした。

c0242080_1175010.jpg


京都タワーはいつ見ても素敵!!

帰りにお気に入りの麻婆豆腐を食べて帰途に着く。

c0242080_1175534.jpg


休日3日目に続く・・・









[PR]
by ten_ton | 2012-06-30 07:02 | 遊ぶ | Comments(0)

DAY 1

チーズケーキのお店テントンの店主です。

母親の復帰とともに二足のわらじ生活(前回のブログ参照)が終わり、先週は3日間ほどお休みをいただいておりました。
お休みの間は、神奈川県の葉山に住む友人宅にお邪魔して、葉山・鎌倉を散策する予定だったのですが、やむをえない事情で急遽前日に葉山行きが中止になりました。
そこで、ポッカリ空いてしまった休日をどのように過ごそうかと家族会議です。
鉄道好きの息子(3才)は、鎌倉で江ノ電に乗ることを楽しみにしていたので、それなら日帰りになるけど、以前から行きたがっていた名古屋にあるリニア・鉄道館に行こうということになりました。

c0242080_16494538.jpg


リニア・鉄道館は、最新の次世代超電導リニアモーターカー(磁気浮上式鉄道)や歴代の新幹線、戦前の電車などの実物車両がたくさん展示してある施設です。
行きの道中、車酔いでダウンしていた息子でしたが、リニア・鉄道館に到着するが早いか、大好きな電車の間を縦横無尽に駆け巡っていました。
きっと子供にとっては、夢のような空間なのでしょう。

c0242080_032443.jpg


c0242080_16495864.jpg


息子の影響で知らず知らずのうちにプチ鉄道オタクになりつつあるわが夫婦ですが、実物車両が何台も展示してある壮観さに思わず「うわぁ、リニア凄いな!!」とか「新幹線の300系が2両も並んでるで!!」とか、大人の僕たちも子供と同様に興奮しました。

c0242080_16494776.jpg


c0242080_0253089.jpg


リニア・鉄道館を満喫した後、帰宅の時間までにはまだまだ余裕があったので、その足で同じ名古屋にあるトヨタ博物館へ。

トヨタ博物館は国内外の代表的な自動車が展示してあり、自動車文化の歴史を堪能できる博物館です。

c0242080_1650593.jpg


息子はというと、リニア・鉄道館で見ることに疲れてしまったのか、自動車そっちのけで、なにが面白いのか休憩所に置いてあった六角形の椅子に座っては降り、座っては降りを繰り返し遊んでいました。

c0242080_1331057.jpg


僕は昔から男性がハマる自動車やバイクに全く興味がなかったのですが、展示してあるクラシックカーなどを見ると、こういう車なら乗ってみたいと思えました。
とは言っても今のところ乗れるような甲斐性もないですが・・・。
いつか乗れるように心の夢実現ノートに刻んでおくことにします。

トヨタ博物館を出た後、夕食の時間には少し早かったので、名古屋市内をドライブ。
名古屋城や大須観音、テレビ塔などを巡りました。

c0242080_1650712.jpg


夕食には、名古屋名物味噌煮込みうどんを食べました。
味噌の入ったお出汁と硬いシコシコ麺が何とも言えない味わいで美味しかったです!!

名古屋の食文化は結構は独創的ですよね。
僕は出身地が三重県桑名という場所で、比較的に名古屋に近い土地なので、いわゆる名古屋的な食文化には慣れていて、味噌煮込みうどんや味噌かつも小さい時から家庭の味として食べてきました。
関西の家庭では信じられないと思うのですが、おでんも味噌で味付けした味噌おでんをよく食べていました。
今でもスーパーで、寿がきや(名古屋を代表する食品メーカー)の即席袋めん[みそ煮込うどん]を見かけるとついつい購入してしまいます。

c0242080_129629.jpg


そんなこんなで楽しい名古屋の旅も終わり、帰る途中で長島温泉に立ち寄り、大きな野天風呂で一日の疲れを落として帰途に着きました。

休日2日目に続く・・・









[PR]
by ten_ton | 2012-06-29 07:00 | 遊ぶ | Comments(0)

二足のわらじ

チーズケーキのお店テントンの店主です。

お待たせしました。約10日ぶりの口笛ブログの更新です。
ずっとブログが滞っていたのには深〜い理由がありまして、今日はその理由について書きたいと思います。
今からさかのぼること4月29日の朝方に一本の電話が掛かってきました。
着信の表示は母親からのものでした。
朝方に電話を掛けてくる事も少ないので何か嫌な予感を感じつつ電話に出ると、開口一番「昨日、骨折してん」と暗い声で話す母親。
詳しく話を聞くと、入浴中にお風呂場の天井の汚れが気になり、お風呂椅子の上にたって天井の汚れを拭き取っていたところ、濡れているお風呂椅子から足を踏み外して、手をつかないまま肩から落下して、そのまま病院へ直行、結果、肩と腕の関節部分が骨折しており、即入院とのことでした。
手術後もリハビリなどがあるため、予定では1ヶ月ぐらいは入院になるらしいとのことでした。

僕の両親は、30年近く寿司屋を営んでいます。
(テントンの委託販売所になっているので知っている方もおられると思います。詳しくはコチラ)
父親が板前で、母親が店の切り盛りをするといった感じの小さなお店です。
つまり、どちらか1人が欠けても円滑に店が回らないという事です。
そして僕は母親の骨折した翌日から、朝〜昼はチーズケーキ屋、夕方〜深夜は寿司屋という二足のわらじ状態が始まったのでした。

寿司屋の仕事といっても、僕は魚を捌くことができないので、主に配膳や洗い場を任されていたのですが、時にはお酒の注文などをこなさないといけませんでした。
お酒を飲まない僕は、「生中ひとつ」と言われても、かろうじて「生ビール」であることはわかっても、「中ジョッキ」や「小ジョッキ」の違いもわからず、「焼酎を冷やで」とか言われたものなら、グラスに氷を入れて出してしまいそうになる始末。
そんなバタバタとした生活にもようやく慣れてきた先週、2ヶ月の入院生活を終え、母親が帰ってきました。
母親もまだまだ完全復活とはいきませんが、リハビリも兼ねて寿司屋に出ておりますので、ようやく僕も2ヶ月間限定の二足のわらじ生活に終わりを告げることになりました。

このような理由でブログを更新する時間がなかなか取れず、更新が滞っていたのです。
決してサボっていた訳ではないですよ!!(もちろん僕の筆無精もありますが・・・)
明日からサクサク更新しますよ!!というのは嘘ですよ!!







[PR]
by ten_ton | 2012-06-26 01:51 | つぶやき | Comments(0)

そういうこともあるよね!!

チーズケーキのお店テントンの店主です。

今朝のごはん時のお話。
保育所の時間が近づいているにもかかわらず朝食をダラダラと食べている息子(3才)に「時間がないから はやくご飯食べ!!」と少し強い口調で注意すると、見る見るうちに涙目になって「はやく食べてるやんか」と泣きながら反論(全然、集中して食べていないのは誰が見てもわかるのですが、最近言い訳する息子です)してきたので、「そんなしょうもない事で泣かんとき」とさらに強い口調で言うと、顔をクシャクシャにしながら一言「泣いてもいいやんか!」
そんな顔でそう言われると、「それもそうですね」と思わず答えそうになりました。

c0242080_1582374.jpg

息子が今より小さい時のそんな顔

ちなみに「ご飯をはやく食べる」の「はやく」は、「早く」か「速く」、どちらが正解ですか?
知っている方、ご一報を。



[PR]
by ten_ton | 2012-06-15 23:57 | こども | Comments(3)

シャングリラ

ここは地上の楽園か。

c0242080_13384628.jpg


c0242080_13384857.jpg


c0242080_1338509.jpg


c0242080_2232662.jpg


桃源郷 ・・

理想郷 ・・・・

別世界 ・・・・・・

ユートピア ・・・・・・ ARABON





[PR]
by ten_ton | 2012-06-13 16:55 | 好きな場所 | Comments(0)

手抜きですが、更新です。

チーズケーキのお店テントンの店主です。

ブログの更新がないのに、毎日何人かの方が口笛ブログをチェックしてくれているようです。
なかなか更新出来ず、本当にすみません。
手抜きですが、最近のあれこれ。

c0242080_1225825.jpg


c0242080_12318.jpg


c0242080_1225996.jpg


c0242080_123635.jpg


皆さま、よい夢を。




[PR]
by ten_ton | 2012-06-12 01:32 | つぶやき | Comments(0)

帰ってきたEZQ

チーズケーキのお店テントンの店主です。

お待たせしました。
4月26日~5月12日に大和郡山の豆パン屋アポロさんで行なわれた『第8回空想エアメール展 EZQ』に来られなかった方へ。
テントンの出展作解禁です。
(以下は、展示の際の説明文より)

■嫁の作品

c0242080_16285425.jpg


c0242080_1629798.jpg


EZRS(エゾシカルームシューズ)とおまけのEZCP(エゾシカがま口)

前回参加させていただいたEZB(エゾシカバック)。
今回はお題がないということで、「紙で作れるモノ」「リサイクルという意味では・・・?」「どうせなら使えるモノで・・・」と考えた末、やっぱり私は縫うことが好きなので、ルームシューズを作ってみることにしました。
まず試しに作ってみた片方のルーズシューズは、ひっくり返すのが大変だったり、できてみると小さかったり。
次に型紙を拡大して作ったルームシューズは大きすぎたので、メンズにします。
わが家のおチビが欲しそうにしていたので、余った紙でキッズサイズを。
3足目でようやくコツを掴んだ感じでした。

おまけ 家にあった口金で小さながま口。アメちゃん入れにでも。

製作に使用した材料 、エゾシカ袋、接着綿(¥700)、家にあった材料

■僕の作品

c0242080_1629329.jpg


c0242080_16291488.jpg


EZC(エゾシカチェア)とおまけのEZP(エゾシカプラレール)

前回参加させていただいたEZB(エゾシカバック)の時に編み込みのカバンを作ったので、今回もお話をいただいた時に漠然と編み込みを使った何かを作りたいと考えました。
去年ぐらいからBBQ熱があがり、アウトドアチェアやらアウトドアテーブルなどをコツコツと揃えているのですが、アウトドアメーカーの商品は無骨なデザインや色のモノが多いので、丈夫なエゾシカ袋で少しやんわりとした感じのアウトドア用のパイプチェアを作ったら面白いのではないかと考え、早速製作にとりかかりました。
最初は「リサイクル」の観点から、古いパイプチェアのシート材(ポリエステルを取り払って、エゾシカ袋に張り替えたらと思ったのですが、強度的に問題があったので、シート材の上から、編み込みにしたエゾシカ袋を張ることにしました。
結果、できあがったエゾシカチェアは、何ともファニーな仕上がりの折りたたみパイプチェアに変身しました。
勿論、座って使用することも可能です。(70kgまで、ちなみに製作者の僕はアウトです。)
使用していくうちにシート部分の袋がボロボロになれば、張替えもOK。

おまけ 会期途中に追加した子供が遊べるように作った(というか張り合わせただけ)プラレールのおもちゃ。

製作に使用した材料 エゾシカ袋、安価のパイプチェア(¥700)

他の出展者さんの作品はアポロさんのブログで紹介されています。
2012年 空想エアメール展 EZQ 第1部
2012年 空想エアメール展 EZQ 第2部

少しは会場の雰囲気が伝わりましたか?





[PR]
by ten_ton | 2012-06-06 16:42 | 好きな場所 | Comments(0)

優しさに包まれたなら

チーズケーキのお店テントンの店主です。

う〜ん、滞ってますね。何がって?
ブログの更新が滞ってますね。
以前にも書きましたが、もともと文章を書くことが得意ではありません。
しかし、今は他の深〜い理由があり、なかなか更新ができません。
その理由については、追々時間のある時に書きたいと思います。

話変わって、この間出先から家に帰ってくると持っているはずの携帯電話がないことに気づきました。
何となく忘れてきた場所の検討はついたのですが、気づいた時間が遅いこともあり、確認は翌日にすることにしました。
たぶん紛失はしていないだろうと思いながらも、個人情報がたくさん入っている携帯が手元にないことに不安があり、妻に「携帯無くなってないかなぁ?」、「あそこに忘れてるだけやと思うねんけど・・・」などと不安をもらしていました。
その話を横から聞いていた息子(3才)が、突然おもちゃの入っている箱を持ってきて、「あの青いのどこいったかなぁ?」、「あの青いやつやん」など言いながら、その箱をガサガサと漁り始めました。

そして、たくさんのおもちゃの中からあるモノを取り出すと、「コレ貸したるから、使っていいよ」と僕にそのおもちゃを差し出すのでした。

c0242080_3171551.jpg


その青いプラスチックの電話は通話こそできませんが、僕の心の感動アンテナは3本どころか10本ぐらい立ったのでした。
そういえば、息子が妻のお腹に宿ったとわかった時に、「優しい子に生まれてきてください」と心から祈ったのを思い出しました。


[PR]
by ten_ton | 2012-06-03 06:42 | こども | Comments(0)