ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏の夜に

毎年恒例の花火へ

おんぱら祭奉納花火大会
c0242080_3262056.jpg

c0242080_3263618.jpg

c0242080_3263264.jpg

c0242080_3264617.jpg

c0242080_326524.jpg

c0242080_3265813.jpg


儚きことは美しきかな‥


[PR]
by ten_ton | 2012-07-31 23:46 | 好きな場所 | Comments(0)

アイスチーズケーキ

チーズケーキのお店テントンの店主です。

今日は暑い季節にピッタリのチーズケーキの食べ方のご紹介です。

テントンのチーズケーキ・・・
やっぱり、1番のお薦めの食べ方はやっぱり届いたそのままで!!
冷蔵庫でよ〜く冷やして食べていただくのが美味しいです。
テントンのチーズケーキのなめらかな口当たりがよくわかる食べ方です。

今までにもお客さまから「冷凍保存はできますか?」とご質問いただいたことが何度かありました。
その度「冷凍はにおいがつきやすいので、あまりお薦めはできませんが冷凍保存はできますよ」とお答えしてきました。

それが先日、食べきれなかった試作の期間限定チーズケーキを冷凍保存して、2・3日後、解凍せずに凍ったまま食べてみたところ・・・
妻と声を合わせて「ありですね~」と言ってしまいました。
試しに定番のチーズケーキを凍らせてみたら、これまた「イケる!!」
チーズケーキ味の濃厚なアイスクリームを食べているようでした。
そういうわけで、この夏、皆さまにもアイスチーズケーキをお薦めしてみようと思います。

c0242080_16252839.jpg


[アイスチーズケーキのつくり方]

①一人分に切り分けたチーズケーキをラップでピッタリ包みます。

②においがつくのを防ぐためにファスナーつきの袋に入れて冷凍します。ファスナーつきの袋がない場合は、ラップを2重にしてください。

③凍ったら、そのままお召し上がりください。(ちょっとかためのアイスクリームのようです)

注意!!チーズケーキは冷凍庫のにおいがつきやすいです。においがついてしまうと、それだけでチーズケーキがおいしくなくなりますので、冷凍してから1週間以内を目安にお召し上がりください。

皆さまの「こんな食べ方おいしかったよ」があれば是非教えてください。




[PR]
by ten_ton | 2012-07-25 16:28 | チーズケーキ | Comments(0)

午後からのお出かけ 後編

チーズケーキのお店テントンの店主です。

前回の前編からの続きです。

突然ですが、皆さんはテーマパークはお好きですか?
僕はテーマパークよりも公園でボーッとしたり、あてもなくぶらりと散歩したりするのが好きです。
(しかし、めっちゃ暑い日とめっちゃ寒い日は除く)
だから、テーマパークに率先しては行きません。
驚かれるかも知れませんが、東京ディズニーランド(シー)には一度も行ったことがありません。

テーマパーク自体が嫌いな訳ではないですが、もともと三半規管が弱いので絶叫系のアトラクションが苦手、人混みのなかで何時間も並ぶのが億劫、スタッフさんや着ぐるみ人形のテンションについていけない、そのテンションについていこうと必死なお父さんやお母さんの姿が見ていられない、などなど。

きっと、いろんな絶叫アトラクションに乗れたら楽しいでしょう、並ぶ時間も来たるべきアトラクションへの序章と思えば苦痛ではないでしょう、スタッフさんや着ぐるみの中の汗だくのお兄さん(おじさん)と同じテンションになれれば たちまち僕も夢の国の住人になれるでしょう、恥ずかしいという思いを捨ててミッキーのカチューシャや顔に楽しいペインティングをしてもらえれば 嫌なことも忘れられるでしょう、でも気弱な僕は、なかなかその勇気が出ないのです。

話が大分それました、午後からのお出かけの話でしたね。
テーマパークが苦手な僕は、先日、約10年ぶりにユニバーサルスタジオジャパン(以下USJ)に妻と息子(3才)と僕の両親を連れ立って出掛けました。

c0242080_1613636.jpg

c0242080_16173588.jpg

c0242080_16173480.jpg


入場してすぐは着ぐるみと一緒に写真を撮ったり、エルモのくじ引きで一等賞の大きなキャリーバックを当てて、USJを楽しんでいた息子でしたが、最初に乗せた「スパイダーマン・ザ・ライド」というアトラクションが思いのほか3才の子供には刺激が強すぎたようで、一気にテンションが下がってしまい、全く楽しそうにしていませんでした。
その後に消防車好きの息子が気にいるかなと思い入った「バックドラフト」というアトラクションでは、大きな効果音にビックリして、涙を流していました。
本人曰く、「眠たいから、目をこすってるねん」と言っていましたが、あきらかにUSJ不振になりつつありました。

c0242080_16192161.jpg


その後は、小さい子供向けのエリアに移動して、子供用のアトラクションに乗せると徐々にテンションも持ち直し、USJを楽しんでいました。

c0242080_161393.jpg

c0242080_1613797.jpg


僕に負けず劣らず乗り物に弱い妻は、最後に乗ったアトラクション「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」で気分が悪くなって、まっすぐ歩けないぐらいフラフラになっていました。

c0242080_16131194.jpg


一緒に来ていた60過ぎの僕の両親が、ある意味一番USJを満喫していたようで、最初のスパイダーマンで火がついたのか、あれもこれもと結構たくさんのアトラクションに乗って楽しんでいたのが、印象的でした。






[PR]
by ten_ton | 2012-07-21 22:44 | 遊ぶ | Comments(0)

午後からのお出かけ 前編

チーズケーキのお店テントンの店主です。

先週は午後の遅い時間からいろんな場所に出掛けました。

ある日は、息子の希望で今年初のプールへ。
とはいえ仕事が終わってから出発して、営業時間内に間に合うプールが近隣にはないので、苦肉の策で温泉施設の中に温泉水プールがある「大宇陀温泉あきののゆ」というところに行ってきました。
小さいですが、浮き輪の持ち込みも可能なプールで思う存分遊んだ後、アルカリ成分でお肌がつるつるになる温泉にゆっくりと入浴し、心身ともにリフレッシュしました。
この温泉は「美人の湯」で有名らしく、きっと僕も美人いや美男になったことでしょう。

ちょうど到着したタイミングで『大そうめん流し!』のイベントをしていました。

c0242080_1591529.jpg


ある日は、午後の遅い時間から、わざわざかき氷だけを食べに京都の「中村軒」へ。
「中村軒」のかき氷はわが家の毎年の恒例行事になっていて、必ず夏期に一度は訪れます。
去年は、待ち時間が数時間待ちで諦めて帰ったので、2年ぶりのかき氷でした。

夕方にもかかわらず、すごい行列。
c0242080_2403476.jpg

c0242080_2551643.jpg


個人的には定番の「宇治ミルク金時」がお薦めですが、フレッシュフルーツを使用した季節限定メニューの「すだち氷」(8月)もサッパリしていてお薦めです。
今回は定番「宇治ミルク金時」、「ゆず氷」と季節限定「マンゴー氷」(6-7月)を注文して、家族でシェアして食べました。
「ゆず氷」は初めて食べましたが、氷に上にのっている自家製柚子マーマレードが衝撃的なおいしさでした。

c0242080_2403516.jpg


マーマレードといえば、テントンの期間限定チーズケーキ「甘夏マーマレードのチーズケーキ」も宜しくお願いします。

かき氷を食べに京都に行った際、以前から気になっていたお豆腐屋さん「あらいぶきっちん」さんに寄りました。
どの豆腐もシンプルだけど、やさしい素材の味わいがお口に広がって、とても美味しかったです。

c0242080_1613395.jpg


後編は、次回ブログにて。





[PR]
by ten_ton | 2012-07-19 07:44 | 遊ぶ | Comments(0)

両親の呼び方

チーズケーキのお店テントンの店主です。

突然ですが、皆さんは両親を呼ぶとき何と呼んでいますか?
僕は中学生くらいまでは、「お父さん、お母さん」と呼んでたように記憶します。
しかし高校生になったぐらいから、自分の両親に対して「お父さん、お母さん」と呼ぶことが何故か恥ずかしくてできなくなりました。
僕の場合は、両親が自営業をしていて、家で会話する時間や一緒に食事をする時間が一般の家庭よりも極端に少なかったことが影響しているのかも知れません。

外で自分の両親の話をする時には、そんな呼び方を一度もしたことがないのに、友人などには「おやじ、おかん」、先生や目上の人には「父、母」などと言っていました。
友人に対する「おやじ、おかん」は、多感な時期に「お父さん、お母さん」と呼んでいることへの恥ずかしさから、先生などの目上の人に対する「父、母」は、少しでも生い立ちを品よく見せたいという卑しさから。

そんな僕も息子が生まれた時に、わが子に自分を何と呼ばそうか考えました。

とりあえず「パパ」
でも将来恥ずかしくて呼べなくなるやろなぁ‥却下

思いきって「ダディ」
めっちゃアメリカンな感じ。呼ばれてる僕が恥ずかしいなぁ‥却下

やっぱり「お父さん」
1番まともかな。でも僕はこれでも恥ずかしくなったなぁ‥却下

昭和的に「おやじ」
悪くはないけど、北島三郎みたいで嫌やなぁ‥却下

考えた結果「父ちゃん」
何か僕のキャラにあってるような気がするし、大きくなっても呼べそうかな‥採用

そして小さい息子に僕のことを「父ちゃん」と呼ばそうと試みました。
そんな息子もぐんぐんと成長し、3才になりました。
そして、僕のことを「父ちゃん」と呼んでいます と締めくくりたかったのですが、息子は言葉を口にするようになった頃から、ずっーと僕のことを「やぁー」と呼んでいます。(ちなみに妻のことは「ママ」と呼んでいます)
息子が何故僕のことを「やぁー」と呼ぶようになったのかは未だ謎です。
最初は「やぁー」と呼ばれることにすごく違和感のようなものがあったのですが、慣れてくれば「やぁー」も悪くないなと思うようになり、今ではごく普通に「やぁー」と呼ばれています。
いつまで息子が僕のことを「やぁー」という呼び方で呼ぶかはわかりませんが、息子が自主的に変えるまでは「やぁー」と呼ばせようと思います。

c0242080_1553565.jpg


ちなみに僕は悲しいことに未だに両親のことを「お父さん、お母さん」や「おやじ、おふくろ」などと呼ぶことができません。
ただ息子が生まれたことにより、息子を介して自分の両親のことを「おじいちゃん、おばあちゃん」と呼べるようになったことがせめてもの救いです。





[PR]
by ten_ton | 2012-07-13 07:17 | こども | Comments(0)

七夕に

チーズケーキのお店テントンの店主です。
先週末の七夕、京都木津の Beeがぁでん へ。
そうです‥テントンもイベントなどでお世話になっているアトリエエトセトラさんがある畑です。
この日は「Beeの畑でエネルギーシフトをみんなで願おう」というふくしまのこどもたちを支援するチャリティーイベントが開催されていました。

畑の中では、手作りいちごシロップの美味しいかき氷を食べたり、
c0242080_264568.jpg

子供用のめがね柄のTシャツ、チャリチィーの端切れを購入したり、
c0242080_273633.jpg

短冊に願いを書いたり、
c0242080_274250.jpg

たくさんの方とお話をしたり、とても楽しい時間を過ごせました。

短冊の中に見つけた小さい子供が書いたと思われる願い事。
*名前は画像処理して消してあります。
c0242080_274427.jpg


「いいことがおこりますように」

子供らしいとてもフワッとした願い事ですが、思わずニヤッとして、幸せな気持ちになれました。
[PR]
by ten_ton | 2012-07-09 07:06 | 好きな場所 | Comments(0)

DAY 3

チーズケーキのお店テントンの店主です。

休日の1日目を「リニア・鉄道館」、休日の2日目を「嵐電」とすっかりわれらファミリーは鉄道家族になっています。
そして、最終日の休日3日目は空に思いを馳せる場所へ。

c0242080_23331.jpg


やってきたのは、関空の展望ホールスカイビュー。
展望デッキには大きいレンズを装着した一眼レフカメラを持った飛行機マニアから、小さい子供たちまで、たくさんの人で賑わっていました。

c0242080_22592981.jpg


c0242080_23481053.jpg


展望ホールが開催している「わくわく関空見学プラン」という関空や飛行機について楽しく学ぶ約60分のバスツアーに参加してきました。

c0242080_23544541.jpg


関空の通常は立ち入ることの出来ない保安区域に入り、車窓からですが機内食工場や給油タンク、国際貨物地区、管制塔などの施設を見学することができます。
途中、バスから降りて北進入灯という場所から、かなり間近で飛行機の離発着を体感したりもします。

c0242080_23375450.jpg

飛行機が間近でかなりの迫力 [北進入灯付近]


c0242080_23375942.jpg

飛行機になりきる息子 [北進入灯付近]

ガイドさんの空港・飛行機の豆知識が知らないことだらけで面白かったです。

c0242080_23551719.jpg


バスツアー後は、展望ホールにあるミュージアムやショッピングフロアを見てから、旅客ターミナルに移動してスタバでお茶をしたり、ブルーシールアイスを食べたりして、丸一日飛行場と飛行機を堪能しました。

そんなこんなで、葉山の旅に行けなかったのは残念でしたが、家族3人で過ごせた楽しい3日間の休日でした。
鉄道や飛行機好きの息子は、さぞ満足したことでしょう。

最後に嬉しいお届けものが。
今回行けなかった葉山の友人から葉山クッキーマスカットさんのクッキーの詰め合わせ。
どれも美味しく奈良で葉山の空気を少し感じることができました。

c0242080_2355210.jpg



















[PR]
by ten_ton | 2012-07-01 23:59 | 遊ぶ | Comments(2)