ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブタからカエルへ

チーズケーキのお店テントンの店主です。

明日3月1日(金)と明後日3月2日(土)は『テントンの里山出張販売 in 樂木』の開催日です。先週の金曜日は、寒いのも手伝ってか、来店されるお客さまの数は少なかったのですが、昔からテントンを応援してくださるお客さまや最近よく来ていただきお友達や知り合いの方にプレゼントされるのにたくさん買って帰られるお客さまなど、おかげさまで静かな1日だったにも関わらず終了の時間を待たずして、完売することができました。ありがとうございました。

土曜日は、息子(4歳)の保育所の発表会があったので、里山出張販売はお休みさせていただきました。昨年はブタ(口笛ブログ『年かな。』参照)を演じていたわが息子は、今年は絵本『てぶくろ』に出てくるカエルの役を演じていました。昨年の発表会ではお友達と合わせることができずに、一人で自由に踊りまくっていた息子ですが、今年は上手に踊りを合わせて踊ったり、大きな声で歌を歌ったり、頑張っておりました。僕はというと、1年前とは違う息子の成長を嬉しく思い、昨年に続き、目頭が熱くなったのでした。それにしても、歌を歌う息子は、力み過ぎて鼻の穴が大きくなり過ぎ(笑)
c0242080_23104585.jpg

c0242080_23104140.jpg

その後、出張販売のない久しぶりの土曜日を満喫するべく午後から京都・木津へ。まずはプレープン以来のパン屋Sadacoroさんで遅い昼食をいただく。作りたての塩麹エビチリ冬野菜サンドは、絶妙なバランスで美味かったです。
c0242080_23251491.jpg

そして、畑の中にたくさんのお店やアトリエがならぶ[Beeがぁでん]にある「アトリエエトセトラ」さんとフランス菓子&雑貨「morico&nico」さんへ。「アトリエエトセトラ」さんでは、現在「本と手紙てん」を開催中です。いろんな作家さんの素敵なブックカバーや魅力的な古本がいっぱいでした。「morico&nico」さんでは、moricoさんの美味しいフランス菓子とnicoさんのかわいいヘアゴム(←僕じゃなく妻がね)をゲット。その後は、畑に来ていた子供たちに「おっちゃん、おもろいから遊ぼうや!」なんて言われたりして、子供たちと探検ごっこをしたり、クイズをしたりして、楽しい土曜日を過ごしました。
c0242080_23315632.jpg


今日の格言「ドラえもんのひみつ道具はもはや秘密ではない」



[PR]
by ten_ton | 2013-02-28 23:51 | こども

ビッグバン〜サボテン

チーズケーキのお店テントンの店主です。

先週のお休み、「どこか行きたいところある?」と尋ねると、「かに道楽」と答えた4歳の息子を連れて、大阪・堺にあるビッグバンに行ってきました。ビッグバンといっても韓国のアイドルグループではないですよー。ビッグバンは、銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトで有名な松本零士が名誉館長を務める屋内型大型遊戯施設です。たくさんの遊戯施設や子供ためのワークショップができるコーナーなどが設けられています。中でも、建物の4階から8階を使用した地上高53mをほこる巨大なジャングルジム遊具の塔が目玉です。
c0242080_22472437.jpg

c0242080_22472659.jpg

施設内は、宇宙船さながらの造りになっていて、僕が子供の頃にこんな施設があったなら、テンション上がりまくりだっただろうなと想像がつきます。しかし、僕の息子は基本怖がりで、この施設に限らず、ほぼ全ての遊具に対して消極的です。良く言えば慎重なのですが、同じぐらいの年齢の子供が、場合によってはもっと小さい子供が、楽しそうに何度も何度もジャングルジムなどの遊具で遊んでいる横で、固まって動けなくなるのです。遊具ができて楽しいより、怖いという思いの方が先に立ってしまうようです。きっと小さい時から僕たち親が「危ないから気をつけや!」とか「転けたら、怪我するで!」とか、言い過ぎたのかも知れません。そんな息子に、ゆっくりでもいいのでやればできるという自信を付けさせてあげたいと思い公園やこのような施設に連れて行くのですが、親の僕が息子のあまりの怖がりようにイラッとする場面も多々。大きく息を吸って深呼吸して、気長に息子の頑張りを見守ります。笑顔こそ無いものの、やはりジャングルジムに登りきったりできると、嬉しいのか「こんなん簡単や!」とかドヤ顔で言いつつ、再びへっぴり腰で登り出します。まぁ、こんな息子ですが、これも1つの個性と思い、ゆっくりゆっくり自信を失わないように親である僕たちが自信を付けさせてあげれたらと思っています。
c0242080_22472478.jpg

夜は、週末出張販売『テントンの里山出張販売 in 樂木』で使用している珈琲豆を卸してもらっている友人でもある東大阪にある富山珈琲さん夫妻と一緒に、同じ東大阪にあるお好み焼き屋SABOTEN(サボテン)さんへ。トマトの塩レモン焼きそば、ぶたじゃがチーズお好み焼き、キムチとん平焼き、牡蠣入りお好み焼き、すじそばめし、鉄板だし巻き等々、た〜くさん食べて、トイレの話から宗教の話まで、た〜くさんしゃべって、楽しい時間を過ごしました。うぉ、ブログを書いていたら、再びお好み焼きの口になってきた。
c0242080_16575140.jpg

c0242080_16574896.jpg

c0242080_1658115.jpg

話変わりますが、先の話でも出てきた富山珈琲さんのスペシャリティコーヒーも飲んでいただける『テントンの里山出張販売 in 樂木』が明日2月22日(金)開催されます。今週は23日(土)の開催がございませんので、皆さま、平日の里山にぜひお越しくださいませ。では、明日の里山でお待ちしております!!甘酸っぱいアレを使った期間限定チーズケーキも先行販売するかも・・・
c0242080_16593177.jpg


『テントンの里山出張販売 in 樂木』
場所 樂木 |〒639-2135 奈良県葛城市寺口907-1

営業時間 11:00~17:00

詳しくは http://www.eonet.ne.jp/~ten-ton/rakumoku.html







[PR]
by ten_ton | 2013-02-21 17:05 | おでかけ

明日はあま〜い日

チーズケーキのお店テントンの店主です。

明日はバレンタインですね。テントンでもバレンタイン当日お届け分のチーズケーキの出荷作業が本日無事終了いたしました。後は延滞なくお客さまのもとに到着することを祈るのみ。おかげさまで昨年のクリスマスに続き、たくさんのお客さまにバレンタインギフトのご注文をいただきました。本当にありがとうございました。今年はテントンとしては、めずらしく定番「テントンのチーズケーキ」の他、チョコレートを使用した2種類の期間限定チーズケーキが登場しました。1つは毎年ご好評をいただいている「クッキーとチョコのチーズケーキ」、もう1つは、熱烈なリクエストにより数年ぶりに復活したクーベルチュールチョコレートを贅沢に使用した「チョコレートのチーズケーキ」。チョコレートの甘い香りに包まれるのも今日がピークだと思うと、少し寂しいような気もしますが、どちらのチーズケーキもバレンタイン後も、しばらくの間販売しておりますので、是非ご賞味くださいね!!

c0242080_2211660.jpg

c0242080_2211893.jpg


バレンタインといえば昔はドキドキしたものですが、最近はチョコレートをもらうこともめっきりなくなりました。きっと妻からもないな。寂しいですね・・・とはいえ、自分の作ったチーズケーキをギフトにしてもらえるということが、幸せの一部に加担していることと考えれば、ケーキを作るのって贅沢な仕事ですよね。皆さん、お幸せに!!

最後に、皆さんへ僕からのギフトです。ディズニー作のアニメなんですが、素敵です。妻に怒られそうですが、もう一度こんな恋してみたいですね。短いので是非見てくださいね。

『Paperman(紙ひこうき)』







[PR]
by ten_ton | 2013-02-13 22:36 | つぶやき

ね、眠い・・・

チーズケーキのお店テントンの店主です。

只今、事務作業やメールの返信作業を終えたところ。時計の針は夜中の2時を指そうとしています。今日はブログに書きたいことがあったのですが、朦朧として書きたかったことが思い出せません。明日は、というか今日は『テントンの里山出張販売』です。
早く寝なければ・・・ブログは改めて。
皆さん、良い夢を!!







[PR]
by ten_ton | 2013-02-08 02:01 | 音楽

こども鬼

チーズケーキのお店テントンの店主です。

すこし前のお話。
息子(当時3才)を連れてスーパーにお買い物に行った時のこと。
食料品売り場で、僕が息子に「好きなお菓子を1個だけ選んでおいで‥」と言うと、息子は自分の好きなフルーツゼリーを2個も取って、買い物かごの中に入れてきました。僕が「なんで2個なん?」と尋ねると「2個食べたいからやん。」と何食わぬ顔で答える息子。僕が「1個にしときよ。」と諭すと「でも2個食べたいねん。」と引きません。そこで僕は「欲張って甘いもんばっかりたくさん食べてたら、体を悪くして、ブタさんにみたいブクブク太るよ!!」と言ってやりました。
しばらく考えて息子が一言。
「やー(息子が僕を呼ぶ時の呼び方)みたいになぁ」
間違ってはいない衝撃的な一言に何も言い返せませんでした。
結果、フルーツゼリーは2個買うことになり、2日に分けて食べる約束で手を打ちました。

そして今日のお話。
保育所から帰って来た息子(4才)が僕と妻に「おやつ食べよか?」と言ってきました。妻は最近体重増加気味にある僕への当て付けのように「やーは、太ってきたから、おやつ抜くらしいよ。ママと二人で食べようか?」と息子に言いました。
それを聞いた息子はすかさず、「いいねん。いいねん。やーは太ってるから太ってていいねん。」と一言。
気遣ってくれたのか?複雑な思いを抱えて、おやつを3人仲良く頬張ったのでした。


c0242080_22134542.jpg

鬼の息子





[PR]
by ten_ton | 2013-02-04 22:17 | こども