ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イベント『くるみ秋まつり』のお知らせ

c0242080_1434558.jpg

チーズケーキのお店テントンの店主です。

大阪府柏原市にある障害福祉サービス「夢工房くるみ」さんが主催するイベント『第7回くるみ秋まつり』に参加させていただきます。

社会福祉法人くるみ福祉会「夢工房くるみ」さんは、障害を持たれた方々の就労支援の一環として、「KURUMI no MORI」という名前で焼き菓子を作ったり、書かれた絵をもとにアパレルや雑貨などのデザインに落とし込み、ものづくりをされたりしています。又、それらの販売や展示をおこなうスペースとして、「GALLERY963」を運営等もされています。

日時/ 2013年10月19日(土) 10:00~14:00
場所/夢工房くるみ 大阪府柏原市旭ヶ丘13番82号
お問い合わせ先 / TEL 072-978-3080

ご予約お取り置きやホールでの販売などの詳細
http://www.eonet.ne.jp/~ten-ton/event.html



[PR]
by ten_ton | 2013-10-19 14:00 | お知らせ | Comments(0)

イベント 「ひと箱マーケット」とたべもの出張販売(藍色色展にて)のお知らせ


c0242080_1524843.jpg

チーズケーキのお店テントンの店主です。

奈良・大和郡山ある藍染め体験施設・箱本館「紺屋」さんが主催する『藍色色展』会期中の10月12日(土)におこなわれる『「ひと箱マーケット」とたべもの出張販売』に参加させて頂きます。

日時/2013年10月12日(土) 10:00~15:00
場所/箱本館「紺屋」 奈良県大和郡山市紺屋町19-1
TEL /0743-58-5531

藍色色展や「ひと箱マーケット」とたべもの出張販売、
チーズケーキのご予約お取り置きやホールでの販売などの詳細
http://www.eonet.ne.jp/~ten-ton/event.html



↓↓普段の口笛ブログは下に続きます↓↓

[PR]
by ten_ton | 2013-10-12 15:00 | お知らせ | Comments(0)

凶悪

チーズケーキのお店テントンの店主です。

朝起きて、朝食に出たマカロニを笛のように吹いて遊んでいた息子を保育所に送り出し、京都の義母(妻の母親)とお出掛けする妻を駅まで送り届け、今日は半日限定で独身貴族でした。

仕事もあったので、まるまる遊び呆ける訳にもいきませんが、こんなことは滅多にないので、妻を送り出した足で、そのままモーニング上映の映画を観に行きました。しかも、今日はファースト・デイで料金が1,000円というおまけ付、ラッキー!
c0242080_012517.jpg

観た映画は実話を基にした『凶悪』という映画。役者は、山田孝之、リリー・フランキー、そして、みんな大好き「あまちゃん」で、すし屋の大将・梅頭を好演していたピエール瀧という個性派ばかりのラインナップ。山田孝之が事件記者となって、死刑囚ピエール瀧の告白を基に、保険金殺人の首謀者リリー・フランキーを追いつめていく話なのですが、実話がベースになっているだけあり、目を覆いたくなるような内容でした。吐き気がするような残酷な描写が多々あるので、心臓の弱い人には向いてない映画かも知れません。演技も本当に真に迫っていて、観ている方まで事件に巻き込まれていくようなリアリティを感じました。山田孝之の事件にのめり込んでいく様も狂気じみていたし、ピエール瀧のあまちゃんとは180度異なる凶悪ぶりに「梅さん」とは呼べなくなりそうやし、リリーさんの変人ぶりも背筋に悪寒が走る感じやったし、山田孝之の妻を演じた池脇千鶴や瀧の舎弟役の2人も見事に人間の狂気や恐怖を演じていて、他の脇を固める人間に至るまで完璧な人選の映画でした。映画を観を終わった後、暗い劇場から外に出た瞬間、日差しの眩しさクラっとして、一瞬、牢獄から刑期を終えてシャバに戻った罪人になったような錯覚に見舞われました。(念の為に言っておきますが、檻に入った経験は1度もないですよ。笑) ブルースリーやジャッキーチェンの映画を観た後に、カンフーの達人になったような感覚とは、また違った感じで、説明すると難しいのですが、映画の世界と現実の世界の境目がわからなくなったというか、不思議な感覚でした。原作のノンフィクション「凶悪-ある死刑囚の告発」も読んでみたくなりました。

詳しい内容はこれから映画を観る人がいるので避けておきますが、感想としては、ここまで平気で人を殺めることのできる人間が本当に居るという怖さ。そして、その「悪」の部分をどんな人間でも持ち合わせているいうことの怖さを感じたのでした。



次はハッピーな映画が観たいなぁ。大好きな是枝監督の『そして父になる』あたりが観たいかな。これにもリリーさん出てますね。内容的にはハッピーそうでもないですが・・・(笑)



[PR]
by ten_ton | 2013-10-01 16:11 | 映画 | Comments(0)