ブログトップ

テントンの口笛ブログ

tentonblog.exblog.jp

再び3才の思考回路

チーズケーキのお店テントンの店主です。

僕の息子は3才なのですが、会話をしていると
考え方や言葉の理解の仕方が面白いと思うことがよくあります。

先日、花火大会用に妻が縫った甚平を息子に試着させていた時のこと。
息子は甚平を作ってもらえて嬉しかったのか、甚平を着たまま飛んだり跳ねたりして上機嫌でした。
それを見て、僕が「よう似合てるな。」と息子にいうと、恥ずかしそうに顔を下に向けて照れていました。
更に「ホンマによう似合てるわ。」と息子にいうと、またまた顔を下に向けました。
最初は恥ずかしくて顔を下に向けているのかと思いましたが、よーく息子をみると着ている甚平に鼻を近づけて、クンクンと臭いを嗅いでいます。
そして僕に「ホンマによう臭てるなぁ〜。」とボソリ。

「似合てる(におてる)」と「臭てる」・・・確かに関西弁のニュアンスで、よく似た言葉ですが、そう解釈するかと一本とられた感じでした。
やはり恐るべし、3歳児の頭の中でした。

c0242080_2346549.jpg


3才の思考回路

3才の思考回路 対義語編





[PR]
by ten_ton | 2012-08-06 23:39 | こども
<< お盆は郡山でお会いしましょう!! うなぎパイだけではない浜松 >>